ウルトラコラム
戻る
    新宿バルト9ほかにて上映中!
    配給:ショウゲート

    詳しい情報は公式HPをチェック!
    http://sayoasa.jp/


    【あらすじ】
    10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ、“別れの一族”と呼ばれるイオルフの民である少女・マキアと、幼くして両親を亡くした男の子・エリアルの絆を描くストーリー。時が経っても少女のままのマキア。少年へと成長していくエリアル。変化する時代の中で、色合いを変えていく2人の絆。ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

    今月は『心が叫びたがってるんだ。』などのアニメだけでなく実写映画の脚本も手掛ける岡田麿里氏が監督・脚本を務める最新作、映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』を特集! 初の監督に挑戦することになったきっかけや、「泣ける」本作の魅力について岡田氏に聞きました!

    UJ
    本作で、初の監督を務めることになった経緯について教えてください。
    岡田
    5年前、本作のアニメーション制作を担当する、P.A.WORKSの堀川憲司社長に「岡田さんの100%をさらけだした作品をいつか見てみたい」と言われたんです。その言葉を受けて純粋に脚本家として本作を書いて、企画としては動き出したんですが、いったんストップした時期がありまして。ちょうどその頃、周囲の人から「監督やってみれば?」みたいな話を言われたことがあったんですよね。脚本家が監督をやるなんてまったく考えたこともなかったのですが、脚本家が監督をやるためには何が必要なのか、監督になるとどんなことができるのかなどと教えてもらっているうちに、気持ちが高まっていったんです。企画も仕切り直しとなったことで、堀川社長の言葉を実現しようとするなら、監督としてすべてのセクションに最初から最後まで関わるしかないと思い直し、堀川社長に監督をやらせてほしいとお願いしました。
    UJ
    100%の自分を表現するにあたり、どんな脚本にしようと思いましたか?
    岡田
    脚本家の立場ではできないことをしたい、という気持ちが大きかったですね。最近、オリジナル作品を多くやらせていただけるようになったんですが、漫画や小説など原作のある作品とは違い、スタート段階では脚本の中にしかキャラクターが存在していません。そのため、強めの表現でキャラクターを描いていかないと「性格がわからない」、「キャラクターが弱い」となってしまうことが多いんです。でも、自分で監督をやるんだったら、このセリフでこのくらいのキャラクター性が描けるというのが逆算してできるので、セリフとかシーンとかは、いつもよりもむしろシンプルになっていったかなと思います。
    UJ
    脚本が一層、岡田さんらしさを増していくのかと思いきや、シンプルになったと。
    岡田
    ですね。「逆にこれ、私っぽくないかも」と思って、「らしいと思われていそうなところも入れなきゃ!」なんて考えたりもしました(笑)。話を戻すと、アニメは様々なスタッフと一緒に作り上げるものだから、結局、自分を100%出した作品はアニメでは存在しなくって。その前提を取り払って言うと、私が思う私と、人から見られる私と、脚本家として求められる私、いろいろな私がある。その意味で「100%」という線引きをどう捉えるかは、脚本段階で迷いましたね。でもそこから先の監督作業は、もっと悩むことがいっぱいあったから、脚本のときに悩んでいたことは正直もう遠い昔みたいな話ですけど。
    UJ
    監督をしてみて難しかったことは?
    岡田
    今回、私が子供の頃に見て「すごい!」と夢中になった、これぞ劇場アニメという作品を作りたかったんです。子供の頃に見た作品と現在の作品と、どちらがいいと言うことではなく、その差はどこにあるのかなと。まず、思い描く作品の絵作りを決めていかなければならないのですが、「こういう空気にするにはどうしたらいいんだ」というのがわからなくて苦労しました。演出、美術、撮影、背景、音響といったすべてのパートの打ち合わせに出席し、アニメーターさんひとり1人と作画打ち合わせなども行なったんですが、「こうなんだって言い切ってくれないとみんな迷っちゃうよ」と指摘されることがありました。あとは言葉ですね。どうすれば間違わずに相手に伝わるかがすごく難しかった。それでもスタッフのみんなが、私が何を思っているのか、本当は何を言いたいのかとすごくいろいろ考えてくれて、救ってくれました。このスタッフだからこそ完成したという思いがあり、何でできたんだろう? という気持ちにまでなりますね。

    おかだまり/脚本家、映画監督。主な担当作品にアニメ『花咲くいろは』脚本、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』脚本、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』シリーズ構成、映画『暗黒女子』脚本など。

    ©PROJECT MAQUIA
      PICUP!
      今月発売のコミックス
      ../../../../../../../../../../../../
      UJD試し読み UJD試し読み
      web連載 ウルトラジャンプ連載作品第1回
      ウルトラコラム 過去コラム一覧
      特設サイト ウルトラジャンプツイッター 荒木飛呂彦公式サイト JOJO-D TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式サイト JoJonium ../../../../ SoundHorizon SoundHorizon KADOKAWA マガジンエッジ 少年シリウス Romanスペシャルサイト 特設サイト一覧 M.A.G