ウルトラコラム
戻る

    2014年7月号より『ももいろアーメット』の連載を開始した、てりてりおさんにインタビュー! 新連載に至るまでの「なんくるないさー」な道のりと『ももいろアーメット』で描きたいものについて聞きました!


    UJ
    まずは連載が決まっての、率直な気持ちを聞かせてください!
    てり
    いいのかなーって。成年漫画で商業誌デビューしていることもあって、「てりてりお」とネットで検索するとエロい画像が表示されちゃって(苦笑)。
    UJ
    そこは今回の新連載で、検索履歴を塗り替える意気込みで!
    てりさんにUJ初登場で描いていただいた読切『南国精霊伝奇ガジ☆まる』が、最近UJには不足気味だった、楽しいエロ成分が満載で好評でした。独特なノリを感じたのですが?
    てり
    エロはエロでも、明るい、バカっぽいエロが好きなので、それがにじみ出ているのかもしれません。それと、自分は沖縄出身なのですが、「なんくるないさー(何とかなるさ)」みたいなノリを意識して描いたりしています。
    UJ
    それは漫画を描き始めたときから、ずっと共通することなのでしょうか。
    てり
    まあ、漫画を本格的に描くことになったきっかけからして、そうですからね。やりたいことを探すためにとりあえず大学に通っていた時に、『ゴルゴ13』(さいとう・たかを、リイド社刊)の原作者チームの方が沖縄出身ということで、大学で特別講義をすることになって。漫画は好きだしと、面白半分で見に行ったんです。堅い話をイメージしてたんですけど、「日本の漫画ってすごいんだよ。漫画描こうよみんな」って結構軽いノリで話されていて。同郷の方で漫画業界に携わっている人を全く知らなかったし、第一線で働いている方から話を聞いて、かなり刺激を受けたんです。で、講義を受けた後、数日間考えに考え抜いて「小学生の頃から絵とか結構褒められてたし、じゃあいっちょう漫画を描いてみようか」ってなったんです。
    UJ
    え? 数日間で人生決定ですか!?それまでに漫画を描いたことは?
    てり
    はい、中学生の頃に名作漫画の真似事を遊びで描いたくらいですね。当時沖縄って『週刊少年ジャンプ』も2週間遅れで来るくらいで、オタク文化自体が浸透していなくて、漫画の世界って遠い国のお話だったんです。
    でもその時腹はくくったので、「とりあえず3年間だけ出稼ぎに行ってくる」と、まずは上京するための資金を貯めようと静岡で働き始めました。そこで『私立はかない学園』(双葉社)の紺野あずれさんに出会い、初めてコミケのことなどを教えてもらいました。同人誌を描くことも頭に全然なかったんですが、あずれさんから「編集部から声をかけられることもあるよ」と言われて同人活動をしているうちに、『コミックメガストアH』(コアマガジン・休刊)の編集さんの目にとまってデビューすることになったんです。
    UJ
    すごい引きの強い人間関係ですね。
    てり
    自分が漫画を描き始める時に、「最終的にこの3つの雑誌に載れたらいいな」という目標を立てたんですよ。それが、成年漫画誌の『コミックメガストアH』と『快楽天』(ワニマガジン)、そして一般漫画誌だとUJだったんです。それでその2つの成年漫画誌などで描いていたら、今の編集さんから「読切、描いてみない?」っていうメールをもらって、「やるしかないな!」と。
    UJ
    全部達成しちゃいましたね!?
    てり
    そうなんですよ。最終目標のつもりで立てたんですが(苦笑)。『コミックメガストアH』の方に声をかけられた時も、話ができすぎだろうと……。なんか運命的なものを感じました。

    てりてりお/自身の同人サークルでの活動を経て、2004年に成年漫画誌で商業誌デビュー。2013年、ウルトラジャンプにて読切作品『南国精霊伝奇ガジ☆まる』、アニメ『リトルウィッチアカデミア』のコミカライズを発表し、好評を得る。2014年7月号より本作の連載をスタート。




    好評だった読切『南国精霊奇伝ガジ☆まる』のひとコマ

      PICUP!
      今月発売のコミックス
      UJD試し読み UJD試し読み
      web連載 ウルトラジャンプ連載作品第1回
      ウルトラコラム 過去コラム一覧
      特設サイト ウルトラジャンプツイッター 荒木飛呂彦公式サイト JOJO-D TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式サイト JoJonium ローゼンメイデン SoundHorizon SoundHorizon KADOKAWA マガジンエッジ 少年シリウス Romanスペシャルサイト 特設サイト一覧 M.A.G